オンデマンド 動画 2017年5月6日

オンデマンド 動画 2017年5月6日

<放送内容>

今回は沖縄県久米島を舞台にチーム・ソルティガがルアーフィッシングで大型のキハダを狙う。強烈なマグロの引きに、釣り人と魚の真剣勝負!見るだけでマグロ釣り大満喫!

<番組概要>

今回は、沖縄県、久米島を舞台にルアーフィッシングで大型のキハダを狙う。久米島周辺は、様々な回遊魚や大型のフエダイ、ロウニンアジなど国内有数の魚影の濃さを誇る。特にパヤオと呼ばれる浮き魚礁をいち早く釣り人に開放した実績もあり、全国有数のマグロ釣り場として知られている。釣り人憧れのフィールドだ。アングラーは、新しいオフショアの世界を切り開くために結成された、チーム・ソルティガの面々。リーダーであるソルトルアーフィッシングのパイオニア村越正海と、ロッド設計に携わる富樫祐毅。そして、今回から新たにメンバーに加わった清水一成の3人。釣行初日。午前7時、ポイントとなるパヤオ周辺へ。三人は、キャスティング、エビング、ジギングと状況に合わせ様々な釣り方で狙う。最初にヒットしたのは、エビングで狙っていた村越。ヒットと同時に強烈な引きで、ロッドが水中に引き込まれる。上がって来たのは、良型のキハダ。沖縄で釣れるマグロのメインターゲットだ。その後もキハダ、メバチ、カツオと連続ヒット!やはり、魚影は濃いようだ。すると、清水、富樫に立て続けに強い引きが!マグロ特有のトルクのある引きにロッドがブチ曲がる!船べりまで抵抗を続け、上がってきたのは、20kgクラスのナイスサイズ。しかし、マグロの楽園久米島のポテンシャルは、ここで終わるものでは無い。次々と良型のマグロがロッドを絞り、ラインを引き出す。この光景に3人は、疲れも忘れ大盛り上がり。強烈なマグロの引きに、釣り人と魚の真剣勝負!見るだけでマグロ釣り大満喫の30分。お楽しみに!

<出演者>

村越正海、富樫祐毅、清水一成、窪田等

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

オンデマンド 動画 2017年4月22日

オンデマンド 動画 2017年4月22日

<放送内容>

乗っ込みシーズン到来!千葉県大原で春の大鯛を“ひとつテンヤ”で狙う!果たしてアングラーの北本茂照、福田豊起、あべなぎさは大鯛を釣れるのか!?

<番組概要>

春の乗っ込みといえば、産卵のため浅場に上がってくる大鯛を狙って釣る絶好のシーズンだ。大鯛を求めてやってきたアングラーは沖釣りのエキスパート・北本茂照と、番組で8.7キロの大鯛を釣り上げた名手・福田豊起。そして、釣るのも食べるのも大好きな釣りガール・あべなぎさの3人。今回の舞台は、“ひとつテンヤ”発祥の地、千葉県大原。“ひとつテンヤ”とは竿の先にテンヤと呼ばれるオモリとハリが一体となった仕掛けで、それを細糸とライトタックルで操り、マダイの強烈な引きをダイレクトに味わえる人気釣法だ。ポイントまで航程30分、エサのエビを付けて釣りがスタート。開始早々、エサ取りらしきアタリに苦戦しながらも、あべが待望のマダイをキャッチ!その後も良型マダイと様々な美味しいゲストを連発させ、絶好調!しかし、あくまでも今回の狙いは春の乗っ込み、3kgを超す大鯛だ。釣果に満足していない3人は、後日サイズアップを目指すことに。二日目は潮流が速く、大鯛を狙うには絶好のコンディション。明らかな大型のアタリやヒットが相次ぎ、雰囲気も前回とは違う。しかし、なかなか船に魚が上がらない。「今日も大鯛に出会えないのか」皆がそう思い始めたとき、突如、強烈な引きが襲う!大きくしなる竿に、リールから吐き出される糸。これまでにないパワーに緊張が走る船上!「タイだ!これはデカい!」ついに大鯛か!

<出演者>

北本茂照、福田豊起、あべなぎさ、窪田等

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

オンデマンド 動画 2017年4月8日

オンデマンド 動画 2017年4月8日

<放送内容>

釣ってよし食べてよし「イカの王様」と呼ばれるアオリイカ。従来、アオリイカは1種しかいないと考えられていた、だが…。今回は鹿児島県屋久島でレッドモンスターを狙う!

<番組概要>

釣ってよし、食べてよし「イカの王様」と呼ばれるアオリイカ。従来、アオリイカは1種しかいないと考えられていた。だが、近年の研究でアカイカ型・シロイカ型・クアイカ型の3種のアオリイカが生息していることがわかった。その中でもアカイカ型は最大で5~6キロに成長する大型種。この巨大アオリイカを通称“レッドモンスター”と呼ぶ。今回は“レッドモンスター”をエギングで狙う。アングラーはエギング界のカリスマ、“ヤマラッピ”こと山田ヒロヒト。舞台となるのは鹿児島県屋久島。屋久島は島全域で大型のアオリイカが狙える実績の高いフィールドだ。山田も初めて屋久島に訪れた際、4キロオーバーのレッドモンスターを釣り上げている。初日北西風が吹き荒れたため、風裏になる南面の地磯に上がった。レッドモンスターは圧倒的に夜に釣れることが多い。夜になると深場から浅場に移動してくるのだという。その為、日が沈んでから竿を出す。釣行開始から1時間、山田の竿が大きく曲がる。およそ2キロの良型を釣り上げた。しかし、山田曰く「まだ小さい。せめて3キロいかないとモンスターとはいえない」。その後、アタリはなく初日を終えた。2日目も南面の地磯から狙う。この日、2キロのイカを2杯釣り上げるも、目標サイズには届かなかった。「釣れてはいるけど納得のいくサイズではない」と山田は言う。最終日の夜。北西風がおさまり北面の地磯へ上がった。大型の実績は圧倒的に北面の方が高い。「天候や風、潮流などいろんな条件が合わないとレッドモンスターは釣れない。まさにモンスターやね」。屋久島の赤い悪魔“レッドモンスター”に全身全霊で挑む。どうぞお楽しみに!

<出演者>

山田ヒロヒト、窪田等

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

オンデマンド 動画 2017年3月18日

オンデマンド 動画 2017年3月18日

<放送内容>

目指すは日本一。グレ釣り師の頂点をかけた男たちの戦い!「第24回 ダイワグレマスターズ2016 全国決勝大会」が、和歌山県串本町で行われた。

<番組概要>

目指すは日本一。グレ釣り師の頂点をかけた男たちの戦い!「第24回 ダイワグレマスターズ2016 全国決勝大会」が、本州の最南端の町・和歌山県串本町で行われた。全国から厳しい予選を勝ち抜いた12人と、シード選手4人が、その頂点を目指し熱き戦いを繰り広げた!!今大会の注目選手は、前年覇者の田中貴。これまで5度この大会を制し、今、最も強いトーナメンターと注目されている。そして、山元八郎。グレ釣り師で知らぬものなし!前人未到の通算8度の優勝を誇るグレ釣り界のレジェンドだ。強豪揃いの出場選手の中で、一際目を引く若手アングラーの姿が。池田翔悟 26歳。池田は、ダイワ創立50周年企画で行われた“釣りの楽しさを伝える”SFA(スーパーフレッシュアングラー)のオーディションに合格。その後、独自にグレ釣りトーナメントで勝つことを目標に練習に励んできた。そして9年後、全国決勝大会への切符を掴みとった。今回は、次世代を担うトーナメンター池田翔悟に密着!!若きグレ釣り師の背中を追った。

<出演者>

山元八郎、田中貴、池田翔悟、窪田等

<動画>
【MioMio】
【Pandora】