ETV特集 動画 2018年03月10日

ETV特集 動画 2018年03月10日

<番組概要>

原発事故被害への東電と国の責任を問い3824人が原告となった原発訴訟。原告たちの声から、生活者一人一人にとって原発事故とは何だったのかを7年後の今、見つめる。

<放送内容>

原発事故被害への東京電力と国の責任を問うために、全国でおよそ三十の集団訴訟が提訴されている。そのひとつ、3824人が原告となった訴訟で、去年十月、福島地方裁判所は、国と東電の責任を認め、総額五億円の追加賠償を命じる判決を下した。原発事故から7年が経とうとしている今、この原発裁判の原告たちの声や現在の暮らしの様子から、生活者一人一人にとって原発事故とは何だったのかを見つめてゆく。

<出演者>

高橋美鈴

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年02月28日

ETV特集 動画 2018年02月28日

<番組概要>

障害がありながら、必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”。どうしたら再犯を防ぎ、立ち直りにつなげられるか?求められる支援のあり方を見つめる。

<放送内容>

長崎県地域生活定着支援センターの所長を務める伊豆丸剛史さん。知的あるいは精神的な障害がありながら必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”の支援を続けている。服役を終えた障害者のために、生活保護の申請や住む場所や働き口の確保などを手伝う。再犯を防ぎ、更生に導くことができれば、本人にとってだけでなく、社会にとっても大きなメリットがあるという。伊豆丸さんたちの取り組みを見つめる。

<出演者>

伊豆丸剛史、一青窈

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年02月25日

ETV特集 動画 2018年02月25日

<番組概要>

俳句界の巨人、金子兜太さんが98歳で亡くなった。常に「天地に生き自由人である」ことを貫いた金子さん。94歳の時、奔放な老いの世界を描いた番組をアンコール放送。

<放送内容>

2月20日、俳句界の巨人、金子兜太さんが98歳で亡くなった。戦時中には南洋のトラック島の激戦で生死の境をさまよい、戦後は日銀に勤め高度成長を経験。激動の時代、常に句作を心の支えとし「天地に生き自由人であり続ける」ことを貫いた。小林一茶にならい、自らを「荒凡夫」と呼び、本能のままに日本を見つめた。94歳の時、現役の俳人として句を作り、全国を飛び回る奔放な老いの世界を描いたドキュメントをアンコール。

<出演者>

金子兜太

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年02月24日

ETV特集 動画 2018年02月24日

<番組概要>

障害がありながら、必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”。どうしたら再犯を防ぎ、立ち直りにつなげられるか?求められる支援のあり方を見つめる。

<放送内容>

長崎県地域生活定着支援センターの所長を務める伊豆丸剛史さん。知的あるいは精神的な障害がありながら必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”の支援を続けている。服役を終えた障害者のために、生活保護の申請や住む場所や働き口の確保などを手伝う。再犯を防ぎ、更生に導くことができれば、本人にとってだけでなく、社会にとっても大きなメリットがあるという。伊豆丸さんたちの取り組みを見つめる。

<出演者>

伊豆丸剛史、一青窈

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年02月17日

ETV特集 動画 2018年02月17日

<番組概要>

自分の身にいったい何が起こったのか。これからどう生きていけばいいのか。脳損傷をきっかけに絵の才能が開花し戸惑うディジュリドゥ奏者・画家GOMA、再生の日々を描く

<放送内容>

ディジュリドゥ奏者・画家GOMA。8年前、交通事故で脳を損傷し高次脳機能障害をおった。一方、事故から2日後、全く造詣のなかった絵の才能が開花。以来描かずにはいられない衝動に駆られ、脳裏に浮かぶイメージを点描画で表現してきた。自分の脳に何が起きたのか。アメリカを旅し、サヴァン症候群の研究者や脳損傷を機に音楽や数学の才能が目覚めた人を訪ね、自らの生き方を模索。そして大作『火の鳥』に挑む。語り・窪塚洋介

<出演者>

GOMA、窪塚洋介

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年02月07日

ETV特集 動画 2018年02月07日

<番組概要>

精神科病院大国、日本。人生の大半を精神科病院で過ごした人の実態が、原発事故をきっかけに見えてきた。なぜ彼らは長期入院になったのか。当事者の証言で探っていく。

<放送内容>

精神科病院大国、日本。世界の病床のおよそ2割が集中し、長期間、精神科病院で過ごす人が少なくない。国連やWHOなどからは「深刻な人権侵害」と勧告を受けてきたが、その内実はほとんど知られることはなかった。ところが、原発事故をきっかけにその一端が見え始めてきた。人生の大半を病院で過ごした人。入院治療の必要がなかった人。番組では、患者たちの人生を追うとともに、なぜこのような事態が生じてきたのかを探る。

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年02月03日

ETV特集 動画 2018年02月03日

<番組概要>

精神科病院大国、日本。人生の大半を精神科病院で過ごした人の実態が、原発事故をきっかけに見えてきた。なぜ彼らは長期入院になったのか。当事者の証言で探っていく。

<放送内容>

精神科病院大国、日本。世界の病床のおよそ2割が集中し、長期間、精神科病院で過ごす人が少なくない。国連やWHOなどからは「深刻な人権侵害」と勧告を受けてきたが、その内実はほとんど知られることはなかった。ところが、原発事故をきっかけにその一端が見え始めてきた。人生の大半を病院で過ごした人。入院治療の必要がなかった人。番組では、患者たちの人生を追うとともに、なぜこのような事態が生じてきたのかを探る。

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年01月31日

ETV特集 動画 2018年01月31日

<番組概要>

1957年の砂川事件から60年。憲法9条から在日米軍の駐留が問われた裁判は、近年、米外交文書が公開され再審を求めて係争中である。新資料と証言で事件の背景を探る。

<放送内容>

60年前の1957年、在日米軍基地に立ち入った7人が起訴された砂川事件。東京地裁は「駐留米軍は違憲」として無罪にするが、最高裁が取り消し、有罪が確定した。しかし近年、米外交文書が公開され、当時、米駐日大使と最高裁長官が接触したことが明らかになり、再審を求めて係争中である。憲法9条から在日米軍の駐留を問いかけた裁判の背景を最新の資料と証言で明らかにし、最高裁の判決に示された「統治行為論」を考える。

<出演者>

高橋美鈴

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年01月24日

ETV特集 動画 2018年01月24日

<番組概要>

東日本大震災の津波が襲った宮城県気仙沼。死に絶えた海の回復力を信じカキ養殖を再開させた畠山重篤の姿を4K撮影。海と山が融合し浄化していく様を映像美を追求した番組

<放送内容>

東日本大震災で高さ20mの津波が気仙沼を襲う。海の生き物は全滅したかに見えた。絶望の海でカキ養殖を再開させたのが畠山重篤。「森は海の恋人」という名言を生んだカキ養殖家だ。震災で海は死に絶えたかのように見えたが畠山は確信していた。海は自らの力で必ず回復する、と。NHKは震災直後から養殖再開に挑む畠山を密着。海と山が融合しながら浄化していく様を、畠山のモノローグと4K撮影で映像美を追求した番組。

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ETV特集 動画 2018年01月20日

ETV特集 動画 2018年01月20日

<番組概要>

東日本大震災の津波が襲った宮城県気仙沼。死に絶えた海の回復力を信じカキ養殖を再開させた畠山重篤の姿を4K撮影。海と山が融合し浄化していく様を映像美を追求した番組

<放送内容>

東日本大震災で高さ20mの津波が気仙沼を襲う。海の生き物は全滅したかに見えた。絶望の海でカキ養殖を再開させたのが畠山重篤。「森は海の恋人」という名言を生んだカキ養殖家だ。震災で海は死に絶えたかのように見えたが畠山は確信していた。海は自らの力で必ず回復する、と。NHKは震災直後から養殖再開に挑む畠山を密着。海と山が融合しながら浄化していく様を、畠山のモノローグと4K撮影で映像美を追求した番組。

<動画>
【MioMio】
【Pandora】