経済フロントライン 動画 2018年03月10日

経済フロントライン 動画 2018年03月10日

<番組概要>

ナイキ創業者で自伝「SHOE DOG」がベストセラーとなっているフィル・ナイト氏にインタビュー。資金繰りに苦しんだナイト氏を支えた日本企業とは?知られざる物語。

<放送内容>

世界一のスポーツブランド、ナイキ。フィル・ナイト氏は1960年代に前身となる会社を創業、資金繰りや取引先との交渉に苦しみ、繰り返し倒産の危機にさらされた。その窮地を救ったのは日本企業だった。戦後、失うものがなくなった日本には、「夢を買う」“ベンチャー精神”があったのだ。今回番組では、滅多に取材に応じないことで知られるフィル・ナイト氏のインタビューに成功した。カリスマ経営者を支えた日本企業の姿とは。

<出演者>

夏野剛、原田曜平、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2018年03月03日

経済フロントライン 動画 2018年03月03日

<番組概要>

▽東日本大震災からまもなく7年。公共事業が大きく減る一方で、経済の活性化にむけた新たな動きが次々と出ている福島経済の今に迫る。いわき市から生放送でお伝えする。

<放送内容>

▽南相馬市や浪江町では、ドローンの実証実験や、再生可能エネルギー関連の企業誘致など、次世代産業の先進地を目指す取り組みが始まっている。新たな「パックご飯」を開発し、“風評”を打破しようという取り組みも進む。さらに、ベンチャー企業を県外から呼び込むファンドや、スポーツの求心力を生かして人々を集める商業施設など、厳しい状況を打破し、“復興から自立へ”と進もうとする最前線の動きをお伝えする。

<出演者>

真山仁、鈴木賢治、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2018年02月03日

経済フロントライン 動画 2018年02月03日

<番組概要>

▽今、現金を使わずにスマホ1つで支払いを行う「キャッシュレス社会」が世界で急速に広がりつつある。その理由は?日本への影響は?中国、スウェーデンなど最前線を取材。

<放送内容>

“わかりやすく深く”暮らしに役立つ経済情報を届けます。世界経済の最前線の動きから老後の資産運用術まで明日から仕事と生活に生かせる新鮮な情報にこだわって伝えます。 【キャスター】野口修司,八木ひとみ

<出演者>

加藤出、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2018年01月20日

経済フロントライン 動画 2018年01月20日

<番組概要>

▽いま、消費者自身がはっきりと気がついていない「潜在的なニーズ」を分析し、ヒット商品を生む動きが広がっている。ものが売れない時代、何が決め手となるのか?

<放送内容>

▽ベンチャー企業が運営する商品開発サイト。主婦やサラリーマンなど2万人以上の参加者が、あるお題をもとに自由に意見を出し合う。食品メーカーからの依頼で「シチューにまつわるモヤモヤ大募集」というお題を出したところ、「ご飯に合うシチューがほしい」という潜在的なニーズが浮かび上がり、ヒット商品につながった。他にも、大量の消費者の「不満」を分析し、そこから生まれた新たなベッドなど、商品開発の最前線を追う。

<出演者>

牛窪恵、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2018年01月13日

経済フロントライン 動画 2018年01月13日

<番組概要>

▽日本電産の会長兼社長・永守重信さんが生出演。わずか4人で始めた町工場を、売上高約1兆2千億円の巨大グループに育てあげた“永守流経営術”の極意に迫る。

<放送内容>

▽永守さんは、「情熱、熱意、執念」「知的ハードワーキング」「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」などの言葉と、無駄を徹底的に省く考え方と手法をグループ全体に浸透させ、世界のモーター市場を席巻してきた。さらに、国内外50社以上を買収し、大幅な成長を成し遂げてきた。永守さんをスタジオに招き、“永守流経営術”の極意、働き方改革や人材育成、さらに、日本のものづくりの未来について、たっぷり話を聞く。

<出演者>

永守重信、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2018年01月08日

経済フロントライン 動画 2018年01月08日

<番組概要>

▽1年で20%近く上昇した日本企業の株価。しかし、大企業によるイノベーションは生まれにくく、競争力低下を懸念する声が強まっている。今何をすべきか?徹底討論。

<放送内容>

▽今、株式の時価総額を見ると、世界のトップ10をしめるのはアメリカや中国のIT企業ばかり。革新的な製品やサービスが、海外では次々と生まれる一方で、日本では生まれにくくなっているのだ。新幹線にウォークマン、ハイブリッド車と、かつて世界をイノベーションの力で驚かせてきた日本の大企業は、その存在感を低下させている。今何が必要か?小林経済同友会代表幹事や気鋭のベンチャー経営者ら、5人の論客が討論。

<出演者>

伊佐山元、小林喜光、正能茉優、林要、真山仁、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2018年01月06日

経済フロントライン 動画 2018年01月06日

<番組概要>

▽1年で20%近く上昇した日本企業の株価。しかし、大企業によるイノベーションは生まれにくく、競争力低下を懸念する声が強まっている。今何をすべきか?徹底討論。

<放送内容>

▽今、株式の時価総額を見ると、世界のトップ10をしめるのはアメリカや中国のIT企業ばかり。革新的な製品やサービスが、海外では次々と生まれる一方で、日本では生まれにくくなっているのだ。新幹線にウォークマン、ハイブリッド車と、かつて世界をイノベーションの力で驚かせてきた日本の大企業は、その存在感を低下させている。今何が必要か?小林経済同友会代表幹事や気鋭のベンチャー経営者ら、5人の論客が生討論。

<出演者>

伊佐山元、小林喜光、正能茉優、林要、真山仁、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2017年12月23日

経済フロントライン 動画 2017年12月23日

<番組概要>

▽2018年のトレンドを大胆予測!財布にやさしい「食の月額制サービス」とは、驚きの「AI」活用法とは、「働き方改革」に新手法?私たちの暮らしはどう変わるのか。

<放送内容>

▽今年最後の放送では、番組のレギュラーゲストへの取材をもとに、来年の経済トレンドに迫る。あるラーメンチェーンでは、ひと月8600円払えば、毎日1杯、ラーメンが食べられるサービスを開始。同様の“月額制サービス”は広まっていくのか? ますます身近になる「AI」で暮らしはどう変わるのか?働き方改革の一環で、積極的に社員に副業をすすめる会社も登場。新たな潮流は、どこまで広がっていくのか?掘り下げる。

<出演者>

森永卓郎、福田萌、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2017年12月16日

経済フロントライン 動画 2017年12月16日

<番組概要>

▽いま企業や個人が、「自分の時間」や「独自通貨」を売り、資金調達する動きが広がっている。ベンチャーが育ちやすい状況を作り、日本経済を活性化させることになるのか?

<放送内容>

▽資金調達の中でも注目を集めているのが「ICO」だ。企業が独自通貨「トークン」を発行し、資金を調達する。銀行からの融資や株式公開などが難しいベンチャー企業や、地方創生の分野で広がろうとしている。一方でICOを実施した企業が資金を集めた後に、連絡がとれなくなるなど、海外ではトラブルも相次ぐ。法整備が追いついていないと警鐘を鳴らす専門家もいる。新しい資金集め、光だけでなく影の部分も含めて最前線を追う。

<出演者>

幸田真音、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

経済フロントライン 動画 2017年12月09日

経済フロントライン 動画 2017年12月09日

<番組概要>

▽いま急速に伸びている中古品市場。「メルカリ」は、1日の出品が100万点を超える。ライバル企業も相次いで新サービスを打ち出している。最前線で何が起きているのか?

<放送内容>

▽モノが売れないと言われる中で、リユース(中古品)市場は伸び続け、市場規模は1.6兆円以上に拡大している。人気を牽引するのが、スマホで個人間売買が出来る「メルカリ」だ。その急成長をうけて、店舗で中古品を売買する企業や、ネットオークションで中古品を売買するライバル企業が相次いで新サービスを打ち出すなど、競争が激化している。拡大し続けるリユース市場と、「中古品争奪戦」の現場に密着する。

<出演者>

原田曜平、野口修司、八木ひとみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】