福島をずっと見ているTV 動画 2017年12月14日

福島をずっと見ているTV 動画 2017年12月14日

<番組概要>

震災から丸7年がたとうとしている“今の福島”。少しずつ変化してきた様子をどのように伝えていけばよいのか。これまで“福島”を発信し続けてきたゲストを招いて徹底討論

<放送内容>

討論に参加してくれたのは、大手新聞社勤務時代から福島を取材し続けている新興ネットメディア記者の石戸諭さん。東電福島第一原発で作業員として働いた実態を漫画「いちえふ」に著した竜田一人さん。子どもたちに合唱団活動を通じて福島を語り継いでいる佐藤敬子さん。地元ラジオ局のパーソナリティも勤める元ミス・ピーチの上石美咲さん。福島の農業や風評被害のこと、放射線のこと、メディアの伝え方等、議論は多岐に渡った。

<出演者>

石戸諭、竜田一人、上石美咲、佐藤敬子、箭内道彦、合原明子、相沢舞

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

福島をずっと見ているTV 動画 2017年12月09日

福島をずっと見ているTV 動画 2017年12月09日

<番組概要>

福島県白河市で行われた「風とロック芋煮会2017」。会場に訪れた福島県内外の人たちに、震災から6年半たった“今”のキモチと、伝えたいことを聞きました。すると…

<放送内容>

「目に見える形での“復興”は進んでいるかもしれないが、目に見えないところではどうだろう?」そんな声も聞こえてきました。“復興”ってなんだろう?箭内さんと渡辺俊美さんと一緒に改めて考えてみます。いまだ試験操業が続く福島の漁業ですが、セリが復活したり、釣り人が増えるなど少しずつ変化が…。一方、避難指示解除が進み、仮設住宅から新築の復興住宅へと引っ越す人の中には新たな課題も…。これから必要なこととは…?

<出演者>

渡辺俊美、箭内道彦、合原明子、相沢舞

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

福島をずっと見ているTV 動画 2017年06月29日

福島をずっと見ているTV 動画 2017年06月29日

<番組概要>

かつて番組に出演してくれた人たちの“あれからの日々”と“今”に焦点を当てる。6年間「福島をずっと見ている」と、それぞれにあらたな心境の変化が起きていました…

<放送内容>

2012年、富岡町社会福祉協議会の吉田恵子さんらが避難先の郡山で立ち上げた「おだがいさまFM」は、今も富岡町民の交流の場。吉田さんは震災のプラス遺産だと胸を張る。また、震災をテーマに演劇に取り組んできた大沼高校では、顧問の佐藤雅通先生が異動で離れることに。番組は最後の日に密着。その他2011年以来の取材映像を振り返りながら、出演者たちの今を見つめる。合原アナの新コーナー「ゴー!バル」もスタート。

<出演者>

相沢舞、箭内道彦、合原明子、相沢舞

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

福島をずっと見ているTV 動画 2017年06月25日

福島をずっと見ているTV 動画 2017年06月25日

<番組概要>

震災直後の2011年6月から放送開始の「福島をずっと見ているTV」。7年目となる今年度からは放送時間を44分に拡大し年5本放送予定。ゲストはカンニング竹山さん。

<放送内容>

番組リニューアルの初回は、避難指示解除後の様子を見つめる。一つ目は解除後3年がたった田村市都路地区。この4月、区内の二つの小学校が統合されスタートした都路小学校では、番組MCで福島出身の箭内道彦さんが作詞作曲した校歌を初披露。歌詞には児童たちの思いが込められた。二つ目は南相馬市小高区。去年7月に避難指示が解除されたが、今も「市民の手」で、作物や土壌などに含まれる放射線量を測定する日々が続いている。

<出演者>

カンニング竹山、箭内道彦、合原明子、相沢舞

<動画>
【MioMio】
【Pandora】