インタビュー ここから 動画 2018年01月08日

インタビュー ここから 動画 2018年01月08日

<番組概要>

人気ものまねタレント、コロッケさん。57歳。2018年は、初めて正月の「初笑い公演」に挑戦。ものまねの極意や被災地への思いについて舞台となる東京・明治座で伺う。

<放送内容>

人気ものまねタレント、コロッケさん。57歳。2018年は、東京・明治座で、初めて正月の「初笑い公演」に挑戦する。コロッケさんは、被災地支援にも力を入れている。2011年に東北、そして、去年は故郷・熊本県を大きな地震が襲った。現地に駆け、炊き出しなどを行う中で、ものまねで「笑い」を届けてきた。エンターテイナー・コロッケさんにとって大切な舞台・明治座で、ものまねの極意や被災地への思いについて伺う。

<出演者>

コロッケ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

インタビュー ここから 動画 2017年12月23日

インタビュー ここから 動画 2017年12月23日

<番組概要>

ゲストは高知県南国市出身の演歌歌手、三山ひろしさん。ここから歌手になる夢が動き出したというふるさとの海を訪ね、ロングインタビューで夢を追った日々を聞く。

<放送内容>

人生で欠かすことのできない「ここから」を訪ね、インタビューで迫る。ゲストは高知県南国市出身の演歌歌手、三山ひろしさん。今年も3年連続の紅白歌合戦に出場する。実はかつて歌手になる夢を諦めた三山さん。もう一度夢を追いかけるため、ひっそりと通ったふるさとの海があった。波の音の中で歌声や人生と向き合い、「ここから」歌手になる夢が再び動き出した。5時間以上にわたる収録から厳選した三山さんの言葉を贈る。

<出演者>

三山ひろし、千野秀和

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

インタビュー ここから 動画 2017年11月03日

インタビュー ここから 動画 2017年11月03日

<番組概要>

秋田県出身のシンガーソングライター・高橋優さん。今、秋田で音楽フェスを開催するなど、ふるさとを元気にしようと意気込む高橋さんの原点に迫るインタビューです。

<放送内容>

秋田県出身のシンガーソングライター・高橋優さん。自分の思いをストレートに表現するスタイルが支持を集め、数々のCMや映画などに楽曲提供している人気のアーティストです。高橋さんが今、力を入れているのが、ふるさと秋田の応援。人口減少や少子高齢化など、暗い話題の多いふるさとを盛り上げようと、去年から、秋田で自ら主催する音楽フェスをスタートさせました。その活動の原点、そしてふるさとへの思いに迫ります。

<出演者>

高橋優、高橋篤史

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

インタビュー ここから 動画 2017年10月09日

インタビュー ここから 動画 2017年10月09日

<番組概要>

高田延彦さん。55歳。プロレスラーを経て、総合格闘技のパイオニアとなり、人気の裾野を広げた。ヒクソン・グレイシーとの一戦を振り返り、敗北から学んだことを語る。

<放送内容>

高田延彦さん。55歳。プロレスラーを経て、日本における総合格闘技のパイオニアとなり、人気の裾野を広げた。高田さんが、忘れられない試合がある。1997年10月11日、東京ドーム。ヒクソン・グレイシーとの一戦だ。結果は、腕ひしぎ逆十字で完敗した。あれから20年。「ヒクソンの強さを体感できた僕は、幸運だったのかもしれない。」と語る。「負けることを恐れるな。負けて見えてくることもある」という哲学に迫る。

<出演者>

プロレスラー、高田延彦、小松宏司

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

インタビュー ここから 動画 2017年09月18日

インタビュー ここから 動画 2017年09月18日

<番組概要>

AKB48の生みの親として知られる秋元康さん。59歳。超一流の作詞家にして放送作家、プロデューサー。番組では、秋元さんの創作の哲学、そして、これからに深く迫る。

<放送内容>

秋元康さん。59歳。20代で「おニャン子クラブ」を世に出し、注目されるようになった。その後も、美空ひばり氏の『川の流れのように』をヒットさせるなど、作詞家の第一者として認められていく。一方で、番組の企画・構成のほか、映画やマンガの原作も担当。2005年からは、アイドルグループ・AKB48をプロデュース。超一流の作詞家にしてプロデューサー。秋元康さんの創作の哲学、そして、これからに深く迫る。

<出演者>

作詞家、秋元康、渡邊あゆみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

インタビュー ここから 動画 2017年08月11日

インタビュー ここから 動画 2017年08月11日

<番組概要>

93歳の現役ナレーター・久米明さん。人気番組「鶴瓶の家族に乾杯」を22年にわたって担当するなど、今も放送の第一線で活躍している。表現者としての哲学に迫る。

<放送内容>

93歳の現役ナレーター・久米明さん。「鶴瓶の家族に乾杯」を22年にわたって担当するなど、今も放送の第一線で活躍している。学生時代、陸軍に配属された久米さん。終戦後、やりたいことがみつからない中で出会ったのが芝居。演劇の世界にのめり込む中、師匠の教えが後の久米さんの骨格を作った。表現者として70年以上輝き続けることができるのはなぜか。久米さんの人生哲学に迫る。

<出演者>

久米明、小野文恵

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

インタビュー ここから 動画 2017年05月05日

インタビュー ここから 動画 2017年05月05日

<番組概要>

復帰直後の沖縄で、多くの県民に勇気を与えたのが、元ボクシング世界王者、具志堅用高さん。沖縄が苦しかったあの時代、どんな気持ちで世界と戦っていたのか。深く迫る。

<放送内容>

45年前の5月15日、沖縄は日本に復帰した。復帰直後の沖縄で、多くの県民に勇気を与えたのが、石垣島出身の元ボクシング世界チャンピオン、具志堅用高(61)さんだ。13回連続防衛という日本記録は、未だ誰にも破られていない。沖縄が苦しかったあの時代、どんな気持ちで世界と戦っていたのか。そして今、沖縄への思いとは。バラエティーなどで見せるキャラクターと違った、素顔の具志堅用高に迫る。

<出演者>

具志堅用高、大橋拓

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

インタビュー ここから 動画 2017年05月04日

インタビュー ここから 動画 2017年05月04日

<番組概要>

おととし(平成27年)、ノーベル医学・生理学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授・大村智(おおむら・さとし)さん。研究の道を志す若い人へのメッセージなどを伺う。

<放送内容>

おととし(平成27年)、ノーベル医学・生理学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授・大村智(おおむら・さとし)さん(81)。化学者として微生物が生み出す物質に注目し、そこから生まれた感染症予防薬は、世界で年間2億5000万人以上が服用しているという。受賞後も各地で講演や後進の育成を行うなど、80歳を過ぎた今も精力的な活動を続けている。番組では、研究哲学や妻への思い、若い人へのメッセージなどを伺う。

<出演者>

大村智、中川緑

<動画>
【MioMio】
【Pandora】