わしらの声は、届くかのぉ~被爆者75歳NYへ行く~ 動画 2017年8月8日

わしらの声は、届くかのぉ~被爆者75歳NYへ行く~ 動画 2017年8月8日

<番組概要>

「核廃絶をいくら訴えても効果がないんかのぉ」。北朝鮮による、相次ぐミサイル発射や核兵器開発の脅威…。昨今の不穏なニュースを目にするたびに肩を落とすのは、広島県北広島町に住む箕牧智之(みまきとしゆき)さん、75歳。被爆者としては最も若い世代となる。原爆投下の翌日、家に戻らぬ父親を探すために母親と広島市内に入り、被爆した。仕事をリタイアしたのち、被爆体験を次世代に伝えたいという思いが高まり、語り部活動などに参加するようになった。今年6月、箕牧さんはニューヨークにいた。国連の「核兵器禁止条約」制定をめざす交渉会議にあわせ、被爆者の声を届ける為だ。しかしこの会議に日本の代表の姿はない…。そんな中にあっても、箕牧さんの訴えに涙を流すアメリカの中学生の姿に、一筋の希望の光も見出した。帰国後、箕牧さんは広島で条約案採択の行方を見守っていた。自分たちの思いは果たして伝わったのだろうか。日本や核保有国が参加しない枠組みとなった条約案に、その表情は複雑だ。「今」だからこそ忘れないでほしい、あの日の出来事。「今」だからこそ伝えたい、被爆者の願い。わしらの声は、届くかのぉ…。

<出演者>

中元日芽香

<動画>
【MioMio】
【Pandora】