ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年03月09日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年03月09日

<番組概要>

目と耳に障害のある「盲ろう者」への、災害時の支援が課題となっている。情報取得やコミュニケーションのためにどんな支援が必要か、二週にわたって考える。今回は前編。

<放送内容>

目と耳との両方に障害がある「盲ろう者」。普段からひとりでは状況把握が難しく、移動もままならない。しかし東日本大震災のあとも盲ろう者への支援体制は、まだまだ不十分だと言われている。そこで番組では、初の試みとして宮城県多賀城市で公開収録を実施。岩手・宮城・福島の盲ろう者に震災の経験を語ってもらい、緊急時に必要な支援を考えていく。2週にわたって「盲ろう者」と震災をテーマ放送。今回はその前編。

<出演者>

菅井裕行、小山賢一、笠井実、八幡美智子、高山久美子、佐田明

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年03月02日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年03月02日

<番組概要>

セリフは手話で雑踏音や音楽がついた、ろう者と聴者が一緒に楽しめる映画。ろう者の監督と聴者のカメラマンが、力を合わせ、時にぶつかりながら製作する様子を追います。

<放送内容>

セリフは手話で街の雑踏の音や会話の声、シーンに合わせた音楽などが入った1本の映画。ろう者と聴者が共に楽しめるように作られた作品です。製作したのはろう者の監督、今井ミカさん(28)。聴者との間の見えない「壁」をなくしたいと、今回初めて音のある映画に挑戦しました。音を入れるため聴者のカメラマンと組み撮影に臨みますが、考え方の違いから作業は進みません。悩みながらもひたむきに映画に向き合う姿を追いました。

<出演者>

今井ミカ、佐田明、高山久美子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年02月24日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年02月24日

<番組概要>

セリフは手話で雑踏音や音楽がついた、ろう者と聴者が一緒に楽しめる映画。ろう者の監督と聴者のカメラマンが、力を合わせ、時にぶつかりながら製作する様子を追います。

<放送内容>

セリフは手話で街の雑踏の音や会話の声、シーンに合わせた音楽などが入った1本の映画。ろう者と聴者が共に楽しめるように作られた作品です。製作したのはろう者の監督、今井ミカさん(28)。聴者との間の見えない「壁」をなくしたいと、今回初めて音のある映画に挑戦しました。音を入れるため聴者のカメラマンと組み撮影に臨みますが、考え方の違いから作業は進みません。悩みながらもひたむきに映画に向き合う姿を追いました。

<出演者>

今井ミカ、佐田明、高山久美子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年02月17日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年02月17日

<番組概要>

3年前に、聴覚障害のある母親と健聴の母親が交流する場を作った、松本茉莉さん。活動が広がらず悩む彼女が、同じ志を持つ人々と出会いヒントを得ようとする姿を追います。

<放送内容>

ろう者の松本茉莉さんは3年前に聴覚障害のある母親と健聴の母親が交流する場を立ち上げました。しかし思ったように活動が広がらず悩むように…。そこで番組では、松本さんのヒントになる出会いをプロデュース。積極的に活動する東京練馬区の子育て交流会を松本さんに紹介します。障害の有無を越えて活動する様子を見学する松本さん。同じ志を持つ人々との出会いを通してヒントをつかむ姿を描きます。

<出演者>

佐田明、高山久美子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年02月16日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年02月16日

<番組概要>

ろう者などにダンスの魅力を伝えようとインストラクターを務める、emiこと平野恵美さん。ろうの子どもたちに踊る楽しさを伝えるemiさんの日々を見つめた。

<放送内容>

ろう者だけで結成されたダンスチーム「ネクパソ」。そのメンバーであるemiこと平野恵美さんは、ろう者などにダンスの魅力を伝えようとインストラクターをつとめている。聞こえないハンディがあるため、初心者のころは健聴者と踊るとどうしても動きが遅れてしまう事が多かった。そこでemiさんは悔しさをバネに、独自の練習法を生み出していく。子どもたちに踊る楽しさを伝える、emiさんの日々を見つめた。

<出演者>

佐田明、高山久美子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年02月09日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年02月09日

<番組概要>

北海道釧路市で一人前の左官職人を目指して修業する、ろう者の内藤秀之さん。先輩の職人たちから厳しい指導を受けながら、技術の習得に励む内藤さんの日々を追う。

<放送内容>

北海道釧路市で一人前の左官職人を目指して修業するろう者の内藤秀之さん。ろう学校を卒業後、就職活動を始めたが耳が聞こえないという理由で不採用が続いた。仕事を探していた時出会ったのが、ろう学校時代の先輩から紹介してもらった左官の仕事だった。初めは聴者と働く環境に戸惑いもあったが、率先して材料を準備したり、自分から話しかけたりして周囲に溶け込んでいった。修業に明け暮れる内藤さんの日々を追う。

<出演者>

佐田明、高山久美子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年01月26日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年01月26日

<番組概要>

聴覚障害者も、舞台上演に“工夫”さえあれば、台詞が聞こえなくても楽しめる。舞台関係者にそのノウハウを伝授する、NPO法人TA-netの活動に密着しました。

<放送内容>

「本当は舞台を観に行きたい」聴覚障害者の思いを代弁し、舞台関係者に観劇支援の方法を提案するNPO法人TA-netに密着。立ち上げたのは廣川麻子さん。2017年3月、ある団体から“字幕つき公演”を開きたいと依頼が入ります。主催者と字幕製作に取り組む、本番までの日々を追いました。さらに11月、劇団四季の舞台で、“字幕つき公演”を実現。2つの公演の模様をとおして奔走する、TA-netの活動を描きます。

<出演者>

廣川麻子、佐田明、高山久美子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年01月12日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年01月12日

<番組概要>

冬季デフリンピック史上初の3連覇を達成したアルペン・スノーボード原田上さん。この冬、もうひとつの夢、聴覚障害者のスノーボード教室が実現。原田さんの取り組みを追う

<放送内容>

冬季デフリンピックで史上初の3連覇を成し遂げたアルペン・スノーボードの原田上さん。メダルを獲得し、大きな自信を掴(つか)んだ。そんな原田さんがこの冬初めて聴覚障害者を対象としたスノーボード教室を開催することに…。自分の競技生活で培ったノウハウを手話できめ細やかに伝えたいと奮闘した。はたして初めての挑戦は成功するのか、原田さんの取り組みを見つめる。

<出演者>

原田上、佐田明、高山久美子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年01月12日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年01月12日

<番組概要>

冬季デフリンピック史上初の3連覇を達成したアルペン・スノーボード原田上さん。この冬、もうひとつの夢、聴覚障害者のスノーボード教室が実現。原田さんの取り組みを追う

<放送内容>

冬季デフリンピックで史上初の3連覇を成し遂げたアルペン・スノーボードの原田上さん。メダルを獲得し、大きな自信を掴(つか)んだ。そんな原田さんがこの冬初めて聴覚障害者を対象としたスノーボード教室を開催することに…。自分の競技生活で培ったノウハウを手話できめ細やかに伝えたいと奮闘した。はたして初めての挑戦は成功するのか、原田さんの取り組みを見つめる。

<出演者>

原田上、佐田明、高山久美子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年01月05日

ろうを生きる 難聴を生きる 動画 2018年01月05日

<番組概要>

店内は大盛況…にもかかわらず、声はほとんど聞こえない。ひっそり静かな、不思議な居酒屋がある。東京・大久保の串揚げ屋だ。ろうの夫婦が営む店なのだが、その日常を追う

<放送内容>

ろう者に人気の串揚げ屋がある。店では盛んに手話が飛び交っており大盛況。聞こえる人たちの間で、コミュニケーションに苦労しながら、筆談をして働くろうのサラリーマンなど、不自由を強いられている人たちが集まってくる。この店は、孤独を感じやすいろう者にとって、自由に会話ができる、かけがえのない場所なのだ。実はこの店、聞こえる人も、多くやってくる。みな、何を求めて、やってくるのか。年末、店の客たちに密着した。

<出演者>

佐田明、原田泰造

<動画>
【MioMio】
【Pandora】