さくらの親子丼 動画 2017年11月18日

さくらの親子丼 動画 2017年11月18日

<放送内容>

流した涙の粒だけ、幸せの花が咲く―都会の片隅で行き場をなくした人たちに無料で親子丼を食べさせる古本屋の女主人。心がヒリヒリする社会派人情ドラマがここに開幕!

<番組概要>

九十九さくら役(真矢ミキ)被害届が取り下げられ、さくら(真矢ミキ)の逮捕騒動は収まった。ラーメン屋でさくらがあざみ(吉本実憂)の育ての親について聞くと、あざみは自身のつらい思い出を語りだす。「そんなところ帰らなくていいよ」と優しく語りかけるさくら。逮捕騒動の流れでインターネットに書き込まれた情報の中から、恭子(本仮屋ユイカ)は悠平の事件の新聞記事と共に、「犯人、うちの町にいますけど」と書かれたコメントを見つけた。事件の犯人は、すなわちあざみの実の母親。しかも現在働いているというスナックの画像もはっきり写っていた。さくらと恭子は悩んだ末、あざみにすべてを告げる。突然のことで混乱するあざみだったが、さくらと生活を共にして以来、ずっと間近で様々な母親の姿を見てきたことから、自身も実の母親に会って直接話をしたいと決断する。恭子に最寄駅まで付き添われ、スナックを訪ねるあざみ。彼女を、母・花菜子が出迎えた…。

<出演者>

真矢ミキ、吉本実憂、本仮屋ユイカ、塚田僚一、矢野浩二、飯沼千恵子、齋藤めぐみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

さくらの親子丼 動画 2017年11月11日

さくらの親子丼 動画 2017年11月11日

<放送内容>

ひきこもりの少年が九十九堂にやって来た。さくら(真矢ミキ)は恭子(本仮屋ユイカ)とともに親の元に乗り込むが…。※お知らせ「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017 日本×台湾」延長の際は、放送時間繰り下げの場合あり。

<番組概要>

左から:九十九さくら役(真矢ミキ)、玉置玄役(矢野浩二)、二宮あざみ役(吉本実憂)最近、さくら(真矢ミキ)の親子丼のリクエストがない。というのも、“たまりば”ではここのところ少年少女がピンポン大会に熱中していて、親子丼どころではない様子だ。盛り上がる様子を、あざみ(吉本実憂)も退屈そうな目で眺めていた。そんな中、ピンポン大会の情報をSNSで見た少年・東海林直晃(沖門和玖)が親子丼を食べにやって来た。久しぶりに親子丼を作り張り切るさくら。実は直晃は自宅で引きこもり状態で、母・美春(中島ひろ子)に暴力までふるうように。途方に暮れた美春はインターネットで見つけた自立支援施設に相談し、抵抗する直晃を半ば強制的に施設に入れてしまう。自立支援施設の話は、恭子(本仮屋ユイカ)の編集部でも話題になっていた。利用者からのタレコミを受けて恭子が取材に訪れると、トレーナーの指示のもと、厳しいトレーニングに耐える直晃の姿があった。数日後、さくらの元に再び直晃が親子丼を食べに来る。むさぼるように親子丼を食べたあとも、どこか帰りたがらない様子の直晃……。しかしさくらはそれに気づかず、直晃を帰してしまう。帰り際、彼とすれ違った恭子から、直晃のことや施設の様子を聞いたさくらは、直晃を帰したことを後悔する。翌日、恭子と一緒に施設に乗り込むさくらだが…。

<出演者>

真矢ミキ、吉本実憂、本仮屋ユイカ、塚田僚一、矢野浩二、柳美稀、浅川梨奈、沖門和玖、飯沼千恵子、齋藤めぐみ、中島ひろ子、宮川一朗太

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

さくらの親子丼 動画 2017年11月4日

さくらの親子丼 動画 2017年11月4日

<放送内容>

さくら(真矢ミキ)は、自身との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)に対し意識的に遠ざけるように。そんな矢先、九十九堂に恭子(本仮屋ユイカ)が戻ってくる。その真意は…?

<番組概要>

左から:九十九さくら役(真矢ミキ)、松島剛志役(柾木玲弥)さくら(真矢ミキ)は、自身との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)に対しどんな態度を取っていいのかわからず、意識的に避けるようになった。そんな矢先、恭子(本仮屋ユイカ)が実家の九十九堂に戻ってきた。あざみを居候させるさくらの真意を知り、またジャーナリストとしての好奇心からの行動だった。急にあざみに対してよそよそしくなったさくらに対し、恭子は「母さんらしくない」と制した。一方あざみは、俊太(塚田僚一)の精肉店のアルバイトに欠員ができたと聞き、働くことにする。ある日、“たまりば”に出入りしている剛志(柾木玲弥)がびしっとスーツでキメてやってきた。しかしこの日は、さくらは剛志に親子丼を作ろうとせず、「これから死にに行こうとするあんたに食べさせる親子丼はない」と突っぱねる。実は剛志は、ヤクザの兄貴分に組の若頭を襲撃するよう命令されていたのだった。憤然として九十九堂を後にする剛志を心配そうに見つめるあざみに、さくらは彼の悲しい過去を話す。剛志は崖から車で海に飛び込んだ一家心中の生き残りで、早く家族のもとに行こうと死に急いでいたのだ。剛志の身を案じたあざみは、翌朝剛志のアパートを訪ねる。するとそこで、衝撃の事実が発覚する…

<出演者>

真矢ミキ、吉本実憂、本仮屋ユイカ、塚田僚一、矢野浩二、飯沼千恵子、齋藤めぐみ、柾木玲弥、有森也実

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

さくらの親子丼 動画 2017年10月28日

さくらの親子丼 動画 2017年10月28日

<放送内容>

傷害事件の加害者・リエ(柳美稀)は、相手が今も寝たきりの状態であることを知り自暴自棄に。さくら(真矢ミキ)は、未成年事件の被害者の立場で自分の気持ちをぶつける。

<番組概要>

左から:九十九さくら役(真矢ミキ)、二宮あざみ役(吉本実憂)自分の発言が元で、母のさくら(真矢ミキ)が亡き兄の部屋を跡形もなく片付けたことに落ち込む恭子(本仮屋ユイカ)。そんな恭子を必死になぐさめる俊太(塚田僚一)だったが、話の流れから口を滑らせ、あざみ(吉本実憂)が兄を刺した加害者の子どもだということを恭子に話してしまう。たまりばに向かった恭子は、「あざみが家に入るのは許せない」とさくらに怒りをぶつける。しかしさくらは「あざみは悠平が命をかけて守った命」と話し、あざみにこの事を言わないよう強く口止めする。しかしその2人のやりとりを偶然、あざみが聞いてしまっていた…。呆然として店を出たあざみは泣き崩れる。さくらの元に帰りづらくなったあざみは、リエ(柳美稀)たち不良仲間のもとにいた。しかし自暴自棄になったリエの体調が悪くなり、結局さくらに助けを求めるあざみ。九十九堂で看病する中で、さくらは恭子が取材している傷害事件の加害者少女がリエだったと知る。被害者が今でも寝たきりの状態であることを知り自暴自棄になっているリエに対し、同じく未成年が起こした事件の被害者であるさくらは、自身の気持ちをぶつける。その言葉を受け、リエとあざみはある行動を移す…。

<出演者>

真矢ミキ、吉本実憂、本仮屋ユイカ、塚田僚一、矢野浩二、柳美稀、飯沼千恵子、齋藤めぐみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

さくらの親子丼 動画 2017年10月21日

さくらの親子丼 動画 2017年10月21日

<放送内容>

摂食障害に苦しむ教師の由希(大西礼芳)は、母・峰子(森口瑤子)からの重圧に耐えかね、極限まで追い詰められた。彼女を救おうとさくら(真矢ミキ)が取った行動とは?

<番組概要>

右から:九十九さくら役(真矢ミキ)、御代川峰子役(森口瑤子)さくら(真矢ミキ)の古本屋・九十九堂に、摂食障害に苦しむ小学校教諭・御代川由希(大西礼芳)の母・峰子(森口瑤子)が訪れた。たまりばにいる人たちを怪しく見ていた峰子は、由希もこの場所で親子丼を食べているとさくらから聞き、不快感をあらわにする。峰子は由希に決して九十九堂に近づかないよう警告するが、後日、由希が銀行やローン会社から多額の借金をしていることを知り驚愕する……。そんな折、さくらは俊太(塚田僚一)が持っていた雑誌の記事から、恭子(本仮屋ユイカ)が未成年の少女が起こしたリンチ事件の取材をしていることを知る。その事件の加害者は、あざみ(吉本実憂)の不良仲間であるリエ(柳美稀)だった。恭子の記事を見て被害者がいまだに寝たきりの状態だということを知り、リエは苦しむ。「ウチの気持ちなんてわからないくせに」と言われたあざみは、自分の母親が人を殺したことを語り、泣いてリエを抱きしめるのだった。一方、峰子のプレッシャーに耐えかねた由希は、ついに学校を無断欠勤するようになった。そんなある日、さくらの元に警察から一本の電話がかかってきた。摘発した風俗店関係者の中に由希がいたというのだ。さくらに助けを求めた由希は、峰子との縛られた親子関係を静かに話し始めた。そして泣き崩れた由希の手首に、さくらはリストカットの跡を見つける。極限まで追い詰められた由希を救おうと決心したさくらは、峰子に会いに御代川家を訪ねることにするが…。

<出演者>

真矢ミキ、吉本実憂、本仮屋ユイカ、塚田僚一、矢野浩二、柳美稀、飯沼千恵子、齋藤めぐみ、大西礼芳、森口瑤子

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

さくらの親子丼 動画 2017年10月7日

さくらの親子丼 動画 2017年10月7日

<放送内容>

さくら(真矢ミキ)のもとに、昔よく親子丼を食べに来ていた佐伯風花(浅川梨奈)が娘を連れてやってきた。幸せを装う風花だったが、あざみ(吉本実憂)は違和感を覚える。

<番組概要>

右から:九十九さくら役(真矢ミキ)、国井雅弘役(井藤瞬)、二宮あざみ役(吉本実憂)さくら(真矢ミキ)の古本屋「九十九堂」に、昔よく「たまりば」に親子丼を食べに来ていた佐伯風花(浅川梨奈)が3歳になる娘を連れて訪ねてきた。シングルマザーになった風花と数年ぶりに再会したさくらは近況をそれとなく聞くが、風花は「今付き合っている人がいて、一緒に暮らすつもり」と幸せを装った。しかしその話を聞いていたあざみ(吉本実憂)は違和感を覚える。あざみは以前公園で、ブランコに乗りたがる娘を激しく怒る風花を目撃していたのだった。明るく話す風花に、あざみは疑念を持つ。そしてさくらもまた、風花の親子丼の食べ方に注目していた。そんな折、さくらは16年前に息子を殺害した少女があざみの母親だと、俊太(塚田僚一)に話していた。俊太はさくらとあざみの運命を驚くが、そんなあざみを一緒に住まわせていいのかとさくらを心配する。しかしさくらは、悠平が命を懸けて守ったあざみを守りたいと涙する。一方、居候していた友人のアパートを追い出された風花は途方に暮れていた。あざみが思った通り、風花は決して幸せな境遇ではなかった。幼い子連れのシングルマザーというだけで、住み込みの仕事や風俗店も断られ、行き場をなくしてしまった風花は、次第に娘にもさらに厳しく当たるようになる。そしてある日、さくらの差し入れを持って風花のもとを訪れたあざみは、信じられない光景を目にしてしまう…。

<出演者>

真矢ミキ、吉本実憂、本仮屋ユイカ、塚田僚一、矢野浩二、柳美稀、浅川梨奈、大西礼芳、飯沼千恵子、齋藤めぐみ

<動画>
【MioMio】
【Pandora】