きょうの健康 動画 2018年03月10日

きょうの健康 動画 2018年03月10日

<番組概要>

よい睡眠を得ようとして行っていることが実は誤解で、かえって不眠を招くことがある。そうならないために知っておくことが重要な睡眠のしくみや不眠の原因について伝える。

<放送内容>

たくさん眠ろう、よい睡眠を得ようと行っていることが、実は誤解であることが少なくない。例えば「眠くないけれど体を休めるためしばらく横になろう」ということを繰り返したり、「睡眠時間は1日必ず8時間」と思い込んだりすると、かえって不眠になることがある。そうならないためには睡眠のしくみや不眠の原因について知っておくことが大切。よい睡眠のために重要な基礎知識や、睡眠改善に役立つ睡眠日誌などについて伝える。

<出演者>

内山真、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年03月03日

きょうの健康 動画 2018年03月03日

<番組概要>

3月3日は「耳の日」。今週は「総力特集 耳の健康」と題し、気になる耳の病気を4回に分けて徹底的にお伝えする。初日は加齢とともに聴力が弱くなる加齢性難聴がテーマ。

<放送内容>

3月3日は「耳の日」。今週は「総力特集 耳の健康」と題し、気になる耳の病気を4回に分けて徹底的にお伝えする。初日は加齢とともに聴力が弱くなる加齢性難聴がテーマ。一体なぜ年をとると加齢性難聴になってしまうのか?実は耳には音をキャッチする「あるもの」があるのだが、その「あるもの」がダメージを受けることで難聴に進んでしまうのだ。どのようにすれば聴力の衰えを避けることができるのか?第一線の医師に聞く。

<出演者>

小川郁、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年02月24日

きょうの健康 動画 2018年02月24日

<番組概要>

糖尿病の高齢者は認知機能の低下や日常活動での支障が出やすい。血糖コントロール目標はHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)7%から8.5%まで一人一人加減する。

<放送内容>

糖尿病の高齢者は、認知機能が低下したり日常の活動に支障が出たりしやすいため、糖尿病の治療でも、それらを防いで生活の質全体を高めることが大切。血糖コントロール目標は、一般成人と同じHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)7%から8.5%まで、一人一人の状態に応じて加減する。それによって、薬が効きすぎて起こる低血糖を予防したり、治療の負担を軽くしたりする。合併症の脳卒中や心筋梗塞も起こりやすい。

<出演者>

荒木厚、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年02月17日

きょうの健康 動画 2018年02月17日

<番組概要>

乳がんは女性がかかるがんの第1位。しかし、小さなしこりの段階で治療すれば治る確率が高くなる。早期発見にかかせない、セルフチェックと検診について詳しく伝える。

<放送内容>

乳がんは女性がかかるがんの第1位。しかし、小さなしこりの段階で治療すれば治る確率が高くなる。その早期発見にかかせないのが、セルフチェックと検診。セルフチェックは、月に1度乳房を触ってしこりの有無を確認。検診はマンモグラフィという乳房用のX線の検査が主流だが、超音波を使った検査を導入する自治体も増えている。更に、保険適用外だが、遺伝性の乳がんの発症リスクを調べるための検査「遺伝学的検査」もある。

<出演者>

中村清吾、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年02月10日

きょうの健康 動画 2018年02月10日

<番組概要>

股関節まわりが痛み、進行すると歩行も困難になる変形性股関節症は早めの受診が重要。痛みをやわらげ、進行を遅らせることができる日常生活の工夫や運動を徹底解説!

<放送内容>

股関節まわりが痛み、日常生活での動作がしにくくなる変形性股関節症。日本人の場合、生まれつきのある股関節の構造の異常が原因で起こっている割合が約8割も!一旦発症すると進行は進み、放置していると悪化する。しかし、早めに受診し、股関節に負担がかからない生活の工夫をしたり、股関節まわりの筋肉を鍛える運動をすることで痛みをやわらげ、進行を遅らせることができる。運動のポイントを徹底解説!

<出演者>

中島康晴、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年02月09日

きょうの健康 動画 2018年02月09日

<番組概要>

股関節まわりが痛み、進行すると歩行も困難になる変形性股関節症は早めの受診が重要。痛みをやわらげ、進行を遅らせることができる日常生活の工夫や運動を徹底解説!

<放送内容>

股関節まわりが痛み、日常生活での動作がしにくくなる変形性股関節症。日本人の場合、生まれつきのある股関節の構造の異常が原因で起こっている割合が約8割も!一旦発症すると進行は進み、放置していると悪化する。しかし、早めに受診し、股関節に負担がかからない生活の工夫をしたり、股関節まわりの筋肉を鍛える運動をすることで痛みをやわらげ、進行を遅らせることができる。運動のポイントを徹底解説!

<出演者>

中島康晴、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年02月07日

きょうの健康 動画 2018年02月07日

<番組概要>

鎮痛薬の非ステロイド系抗炎症薬は、腎臓の血流を減少させ尿の減少・むくみ・食欲不振・だるさなどを起こしやすい。薬を必要以上に使わず、十分な水分の補給などで防ぐ。

<放送内容>

腎臓から排せつされる薬が腎臓を障害することがあり、慢性腎臓病の発症や悪化の原因にもなる。鎮痛薬の非ステロイド系抗炎症薬は、炎症を抑えるとともに腎臓の血流を減少させるため、尿の減少・むくみ・食欲不振・だるさなどが現れやすい。予防法は薬を必要以上に使わない、水分の十分な補給、慢性腎臓病の人は血液検査のクレアチニン値で腎臓の働きを常にチェックするなど。抗がん剤、抗菌薬、造影剤でも腎障害は起こりやすい。

<出演者>

山縣邦弘、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年02月07日

きょうの健康 動画 2018年02月07日

<番組概要>

鳥取県琴浦町では認知症の予備群MCIの人が認知症予防教室に参加。運動、知的活動、コミュニケーションを楽しく行うことで、多くの人が認知症の発症を食い止めている。

<放送内容>

鳥取県琴浦町では認知症の予備群MCIの人が認知症予防教室に参加。運動、知的活動、コミュニケーションをみんなで楽しく行っている。MCIを放置すると数年で認知症を発症する可能性があるが、予防教室は、認知症への進行を食い止めることが目的。果たして、その成果とは?一般的にMCIの人には適度な運動、考える習慣、創造的な趣味、適度に緊張したおしゃべりが勧められる。発症を食い止る対策を解説する。

<出演者>

浦上克哉、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年02月06日

きょうの健康 動画 2018年02月06日

<番組概要>

慢性腎臓病は血液検査のクレアチニン値や尿検査でたんぱく尿を調べれば早期発見できる。ただし糖尿病が原因の慢性腎臓病は、尿検査でアルブミン尿も調べる必要がある。

<放送内容>

慢性腎臓病は一般的な健康診断の血液検査や尿検査で早期発見できる。血液検査ではクレアチニンという老廃物、尿検査ではたんぱく尿を調べる。ただし糖尿病の人は尿検査でアルブミン尿も調べる必要がある。慢性腎臓病のうち糖尿病が原因になる糖尿病性腎症は、ほかの検査では早期発見が難しい。慢性腎臓病と診断されたら、減塩・肥満解消・禁煙・適度な運動を心がけ、血圧・血糖・LDLコレステロールを低くコントロールする。

<出演者>

山縣邦弘、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】

きょうの健康 動画 2018年02月06日

きょうの健康 動画 2018年02月06日

<番組概要>

認知症の予備群MCIでは日常生活にサインが現れる。服装に気を使わなくなる、手の込んだ料理を作らなくなる、同じ質問を何度もするようになる、洗濯物を干し忘れるなど。

<放送内容>

認知症の予備群MCI(軽度認知障害)になると日常生活にサインが現れる。服装に気を使わなくなる、手の込んだ料理を作らなくなる、同じ質問を何度もするようになる、洗濯物を干し忘れるなど。思い当たったら医療機関などに相談を。予備群の段階で対策をすれば認知症にならない可能性もある。もう少し様子を見ようと思っていると認知症に進行してしまうことがあるので注意。MCIの疑いがわかる簡単なテストもスタジオで実演。

<出演者>

浦上克哉、黒沢保裕、岩田まこ都

<動画>
【MioMio】
【Pandora】